引越し体験

単身の引越とは違う家族の引越し。早めの見積もり依頼とダンボールの準備が大事

今年の春、結婚して以来初めての引っ越しを体験しました。
これまでは独身の時に引っ越したことが2~3回あったのですが、完全に独身者と同じ感覚でいましたのでこれが大失敗の元でした。
そんな私の失敗談を踏まえて、引越しをする時のコツをお話ししたいと思います。

我が家は私の他に、主人・幼稚園年中の娘・3歳の娘の4人家族です。
今回の引っ越しは主人の仕事の転勤に伴っての引っ越しでした。
まず、3月の初めに辞令が出て引越しをすることが決まったのですが、私は業者はすぐに決まるものだと楽観していました。
中旬くらいになって、そろそろと思い業者に見積もりの連絡をすると、もうすでにその日程すら埋まっている状況でした。
もう明確に○日の○時に見積もりに来るという確約ができず、突然「明日の○時に伺います」と電話が来る始末です。
業者も相次ぐ予約の合間を縫って調整してくれているのは分かりますが、こちらも幼稚園の行事や送り迎えなどがあり、時間の都合がつかないこともあります。
そのため、引越しが確定したら、その時点で真っ先に見積もり依頼をしておいた方が良いということを学びました。

続きを読む

引越し代は節約して自分たちでやるべきか引越業者に依頼すべきか

アパートからアパートへと引っ越す際、荷物を運ぶのに節約のため引越し業者は頼まずに自分達でやりました。

小さい荷物は簡単に運ぶことが出来たのですが、冷蔵庫や洗濯機やその他の大きい家具は重さもあり持ち上げるだけで精一杯だったのに、部屋から車まで運ぶとなると大作業でした。

冷蔵庫は高さもあるのであるので運ぶ時に視界も悪くなり、玄関から出す際に壁にぶつけてしまい壁がへこんでしまうというトラブルもあったり、結局時間もかかり1日では終わらなく次の日に持ち越しになりました。

続きを読む

引越しを楽にするポイントは前もって不用品を減らすこと!

私は結婚してから3度の引越しを体験しましたが。やはり何より大切なことは、荷物を減らすということだと感じました。

私も主人も物が捨てられない性格。
気づけば家の中物で溢れかえっていました。
1度目の引越しは子供が一人で、まだ赤ちゃんでしたが、それでも新しい住居への搬入が手間取り、数時間の予定が、6時間オーバーし、引越し作業員への指示のため現場にいた主人はぐったり。

続きを読む

都会のアパートへ引っ越しのありがちなトラブル。引越し先は入念にチェックを!

地方都市の住宅地から、都会のとある住宅地の方へと引っ越したことがありました。

新しく住むことになった街は、アパートやマンションが多い区域です。
自宅からアパートへ運んだものは、必要最小限に留めることにしました。
道具は現地の家電量販店やディスカウントストアで調達しようと考えていたからです。
当時は引っ越し家財道具は、父親の車でに運んでもらいました。
通常の引っ越しでは、業者を使うと単身パックで2万円程度は支払うことになります。
引っ越し業者は使わなかったので、引越し料金はゼロとなって助かりました。

続きを読む

専用ボックスで梱包作業は大助かり!引越し会社選びのポイントです!

これまでに何回か引越しを経験してきましたが、何度やっても慣れなくて面倒に感じるのは、引越し荷物の梱包作業です。
特に食器類やビンなど割れやすいもの、キッチン回りの調味料の類は梱包に神経を使うものです。
他にも、意外と細かい物が多い洗面所回りの物もまとめるのに一苦労です。

続きを読む

夫婦での引越し。間取りや家賃で選ぶ大切なポイントとは?

引越しをする際、一番悩むのはどこに住むかということになります。
住む地域は職場の近くや学校の近くなど決まってくると思いますが、「どのくらいの家賃の家に住むか」「間取りはどの程度が良いか」などは悩むと思います。

特に結婚していたり、子どもがいる場合は決まるまで時間がかかる場合があります。
女性の多くは家の間取りで気になるポイントの一つに「トイレと風呂が別々になっているかどうか」を挙げます。
別々でないと嫌だと答える女性が大半だと思いますし、私も嫌でした。

続きを読む

引越の見積もりは複数社に依頼しないと損!5万円以上違う引越し見積もり料金

6畳2間の賃貸住宅に長年家族3人で暮らしていましたが、子どもの成長に伴って、6畳2間はとても狭くなってきて、家族会議を開いた結果、思い切って注文住宅で新築の家を建てることに決めました。

 土地を購入してそこへ新居を建てることにしましたので、家が完成するまでは今まで住んできた賃貸物件で普通に暮らしていくことが出来たのですが、家が完成すると新居への引越しの問題が出てきました。 

続きを読む

引越し最安値の見積もりの方法とは?

今まで引越しは何度かしています。
就職して1人暮らしになった時、転勤した時、結婚して新居に移った時、などなど。
その都度、引越し業者と交渉して、自分としては一番安いと思われる引っ越し料金で引越しをしてきました。
ノウハウはそれなりにたまったつもりです。

そして、そのノウハウをまたつかう時が来ました。転勤です。東京から大阪に異動となり、それにともなって引越しをすることになりました。

続きを読む

引越先の隣人の騒音対策、管理会社は手紙で対応

私は引っ越しして、すごくすごく幸せになりました。
引っ越しって、手続きが大変で、しかもお金がすごくかかりますよね。
だから、引っ越したくても我慢して引っ越さなかったりする人多いと思います。引っ越したからといって、引っ越し先が案外住みにくい可能性だってありますもんね。

最初にも言いましたが、私は引っ越しして本当に幸せになりました。なぜ私が引っ越しを決断したかというと、原因は隣人にあります。
私が元々住んでいた街は、学生街で、私が住んでいたマンションにもたくさんの学生さんが住んでいました。私も元々は、大学生になって一人暮らしを始めたのです。

続きを読む

必ず引越業者からは相見積書を、約6万円の差もあります

昨年長年住んだマンションの狭さに嫌気がさして引越をする事になりました。

広いマンションをという事で探していたんですが、高くて結局駅から少し離れた戸建住宅を購入する事にしました。それでもかなり広くなるので、生活は快適になるでしょう。

購入を決意してから家が建つまでに2カ月、引越が近づいてきました。
そうなると引越業者を選ばなくてはなりません。いくつか見積書を頂いてみることにしました。
大手2社と地元の引越業者を1社選びました。

続きを読む

あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!