引越先の隣人の騒音対策、管理会社は手紙で対応

私は引っ越しして、すごくすごく幸せになりました。
引っ越しって、手続きが大変で、しかもお金がすごくかかりますよね。
だから、引っ越したくても我慢して引っ越さなかったりする人多いと思います。引っ越したからといって、引っ越し先が案外住みにくい可能性だってありますもんね。

最初にも言いましたが、私は引っ越しして本当に幸せになりました。なぜ私が引っ越しを決断したかというと、原因は隣人にあります。
私が元々住んでいた街は、学生街で、私が住んでいたマンションにもたくさんの学生さんが住んでいました。私も元々は、大学生になって一人暮らしを始めたのです。

ですが、私が学校を卒業して、社会人になったころ、隣に女子学生さんが引っ越されてきました。
その人がうるさかったんですよね。大学生って、とにかく楽しい時期だと思うんです。
それはわかってるんですけど、羽目を外しすぎたらダメですよね。

そのお隣さんは、夜12時過ぎに、数人のお友達と部屋に戻ってこられて、それから女子会ですよ。
夏だと、窓も開けてますから笑い声なんかがとっても響いていました。

隣に住んでる私は、窓が開いていようが閉じてようが関係なしにうるさかったです。
社会人になって、規則正しい生活になり朝が早いんですけど、寝れないんですよ。

さすがに限界が来て、管理会社に伝えました。
管理会社は手紙を出してくれて、少しの間は静かになりました。
ですが、今日も女子会やるんじゃないか、とかいつもドキドキしちゃって、静かな日でもなんだか部屋で心静まることができませんでした。

そういうこともありまして、私は引っ越しを決断しました。
引っ越し先は、とにかく隣人の騒音に悩まされないように、ということに気をつけて部屋探しをしました。

あのうるさい隣人のおかげで、引っ越し先は隣人関係に全く悩まないで済むような場所で、とてものびのびできています。
お金はかかるかもしれませんが、やっぱり住む部屋は、居心地のいい場所がいいですよね。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!