荷物の搬入が終わってもまだ引越しは終わっていない!引越し後のあれこれ

荷物の搬入が終わって作業員さんも撤収、
なんとか無事に引越しが終わった…
と一息つきたいところですが、残念ながらまだ引越しは終わりではありません。

荷ほどきや各種手続きなどまだやらなくてはならないことはあるのです。

荷物の運び入れが無事に終わったことで気が緩みがちになり、同時にわすれがちになりそうな、引越し後のあれこれについて説明して行きたいと思います。

当日はやはり最低限の荷解きが必要

10-illust1家具や電化製品など荷物の搬入が終わって、
やっと引越しも終わったと思って一息ついて新居を見渡すとそこには段ボールの山が。

そう、家具などの搬入は終わっても段ボールに箱詰めされた小物の荷解きをする必要があるのです。

もちろん引越しの当日に全ての段ボールを開けて小物を出す必要があるわけではなく、次の日からでもゆっくりとして行けばよいのですが、そうは言っても引越ししたその日から生活は始まりますので最低限必要なものなどは段ボールから出す必要があります。

引越しの当日簡単に飲食などをする為の最低限の食器や、洗面道具、次の日に着て行く洋服などが必要になって来ます。

ここで言えるのは、これらの着いてからすぐに必要となるような物は荷造りの際にもひとまとめにして詰めてき分かりやすくしておくことが大事だということが分かると思います。段ボールには「当日必要な物」とでも記載しておけばすぐにわかりますし、すぐに取り出すことも出来ます。

残りの荷物は次の日からでも徐々に荷解きして行けばよいと思います。

荷解き段ボールここで出てくるのが荷解き後の段ボールの問題です。
ファミリーなどの引越しだと50ケース以上の使った段ボールが出てきますが、たたんだ状態にしても結構邪魔になります。引越し先の決まりによっては段ボールなどのゴミを大量に出すのは禁じられていることもあります。引越し業者の多くは使用済み段ボールの引き取りサービスも行っている所が多いのでこれも事前に確認しておきましょう。使えるサービスはしっかりと活用することが上手な引越しのポイントです。

引越し後も忘れてはいけない各種手続き

10-illust3引越し前にやっておくべきことの項目でもお話ししましたが、
引越しをする際には様々な手続きが必要となります。

事前にやっておける手続きと引越し後に行わなければならない手続きなどもあるため、これらも忘れないようにしっかりと手続きを行って下さい。

特に多いのが郵便物などに関連する各業者への住所の変更連絡です。携帯電話会社やクレジットカード会社などの場合、大事な連絡などが郵便物で届くこともあります。このような郵便物が手続きを忘れて手元に届かなければそれが原因で最悪の場合使用停止になったりすることもあります。

そうならない為にも速やかに引越しをして住所が変更になったと連絡し手続きをしておく必要があります。

これもお話ししましたが、郵便物の転送サービスの手続きも忘れずにしておいてください。

郵便物などが旧住所に届いても転送サービスを申し込んでいれば1年間は無料で新しい住所へと郵便物を転送してくれるようになります。無料ですし非常に便利なので忘れずに手続きをしておきましょう。

引越し後の挨拶はした方が良いのか?

ごあいさつ一昔前では当たり前であった引越しの際の近隣への挨拶ですが、最近ではご近所トラブルなども多く、難しい問題にもなっています。

ですがやはり引越しをするに当たって隣近所への挨拶などは常識として簡単にでもしておくことが無難だと言えるかもしれません。

特にマンションなどですと様々な関わりを持つことになるかもしれません。事前にしっかりと挨拶をしてくことで今後の関係にも影響してくるかもしれません。

特に小さな子どもなどを抱える家族の場合、生活上騒音などを周囲に出してしまうことも考えられるので、それも合わせて挨拶などをしてくことが良いのかもしれません。

このような挨拶なども引越後に忘れずにしておかなくてあらないことの1つだと言えます。

いかがだったでしょうか?
「終わりよければ全て良し」と言う言葉にもあるように、最後までしっかりと必要なことを忘れずに行うようにすることが大切です。

「良い引越しだったね」そう言えるような引越しにする為に必要なことを説明してきました。
各項目についてもっと詳しく知りたい人は該当するページをご覧ください。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!