【ありえない引越し事件簿】作業員が倒れて作業が進まなかった…話

引越しの現場では様々なトラブルが起こる事があり、

時には考えられないような大きなトラブルが起こる事もあります。

 

ここではそんなトラブルの中から実際に起きた、

「ありえない事件」についてお話したいと思います。

 

引越しとは作業員の人力の力で行う作業

 

当たり前の事ですが、

引越しは作業員がいて初めて、全体の作業が成り立ちます。

 

様々な分野においてIT化の進む現代において、

昔ながらの手法で行う数少ない分野であるとも言えます。

 

 

まぁもしかしたらいつかは引越しロボットなどが現われるようになり、

人ではなくロボットが荷物を運ぶようになるのかもしれませんが…

 

 

そんな未来はまだ先になりそうで、

引越しは作業員が荷物を1つ1つ運ぶ事で成り立っています。

 

余談ですが、A True Mobile Home

一部の外国では引越しの際には

「荷物」を運ぶのでは無く、

「家」ごと運ぶそうですね。

 

広大な敷地があるからこそ

できるのだとは思いますが、

なんだかロマンのある話ですよね。

 

 

そんな作業員が倒れたら…

 

作業員の力があって初めて成り立つ引越し作業において、

現場の人員が欠けてしまうことは大問題です。

 

とは言っても作業員も人間ですから、

体調不良や怪我など予期せぬ自体が起こる事もあります。

 

体調不良や怪我

 

夏場などの作業は作業員にとって非常に過酷な状況だと言えますが、

特に気を付けたいのが熱中症です。

 

field music:I'm tired炎天下、

水分や塩分の補給を十分に行わずに

作業を続けた結果、

 

熱中症になり、その場でダウン…

 

 

このようなケースはプロとしてあってはいけない事かもしれませんが、

実際には十分あり得る事です。

 

また怪我なども同様ですが、

こちらも不慮の事故などにより現場で怪我をしてしまうこともあります。

 

作業がストップ?!

 

このように予期せぬアクシデントにより、

作業が予定より大幅に遅れたり場合によっては止まってしまったり、

と言うことも稀ではありますが起こり得る出来事です。

 

元々作業員の人数が多い現場であれば、

1名欠けても多少の影響で済むかもしれませんが、

2名作業の現場で1名欠けてしまうと、大変です。

 

大きな家具や電化製品など2名で持たなければ運べない荷物が全く運べなくなってしまいます。

 

「人」が行うからこそのアクシデント

 

このように一見ありえないようなアクシデントですが、

実際に現場ではこのようなアクシデントに見舞われる事もあり、

 

 

 

22:366(Y2) - New Arrivals

引越しと言う作業が、

 

 

「人」が行う作業だからこそ、

起こってしまうアクシデント

 

そのようにも言えるかと思います。

 

 

ある意味で避けようがないアクシデントだとも言えますが、

見積もり時にしっかりとベテラン作業員の多い業者を選ぶことも

自分の身を守る為の方法だとも言えるかもしれませんね。

 

当サイトでは、

安心して任せる事が出来る引越し業者を選ぶ為のコツについてもお話ししています。

そちらのページも参考にして、良い引越しにして下さいね。

 

 


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!