【ありえない引越し事件簿】荷物がトラックに乗らなかった…話

引越しの現場では様々なトラブルが起こる事があり、

時には考えられないような大きなトラブルが起こる事もあります。

 

ここではそんなトラブルの中から実際に起きた、

「ありえない事件」についてお話したいと思います。

 

 

「荷物がトラックに乗らない?!」

 

引越し業者に依頼する際には、

まず見積もりを依頼する事から始まるかと思います。

 

一般的な荷物量でいわゆるファミリーでの引越しの場合には、

営業マンが荷物を見に来て査定する訪問見積もりになるはずです。

 

その場で、

 

どんな荷物があって

どれぐらいの量があって、

 

 

と言う事を営業マンに見せる事で、

「今回は2トラックが2台必要ですね」と判断され、

そこから料金の算出が行われる流れになります。

 

引越し当日…

 

R0011322.JPG引越しの当日、

見積もり通りに、

2トントラックが2台到着。

 

 

「さすがプロだねー」と、

その作業の早さに感心して見ていたところ、

 

 

突然作業員が私たちに、

このようなことを言いだしました、

 

 

 

「お客さん、荷物全部は積めませんね」

 

「えっ???」

一体なんの事をいっているのかが分からないですよね。

だって見積もりに来ていた営業マンが2トン2台と決めたんであって、

こちらが決めたわけではないですからね。

 

荷物が全部積めないってどういう事??

となるかと思います。

 

ありえない対応

 

荷物が全部積めないって言われても、

そっちのミスなんだからなんとかしてよ、

そう思うのがお客さん側の心理として当然ですよね。

 

しかし場合によってこのようなありえない対応の引越し業者もあるようです…

 

 

引越し業者

「積めない分は運べないですね」

 

 

「じゃあ、残った荷物はどうするの?」

 

 

引越し業者

「置いていくしかないです。もしくはお客さんの方で運んで頂くしか…」

 

 

「…」

 

思わず絶句ですよね、surprised

 

 

言葉にならないとは、

このような状況の事でしょうか。

 

 

これは明らかに見積もりミスが原因。

 

 

営業マンの見積もりが甘かったので、

予定していた荷物が全部積み切れなかったというわけです。

 

 

「 だったらもう1台トラック用意して、残った分も運ぶのが筋ではないのか 」

 

 

引越し業者

「トラックもう1台を用意すると、その分の追加料金が掛かります。」

 

 

いやいや、それは約束が違うだろうと。

 

もっとひどい場合には、

トラックが全て出払っているので用意できない、だからこれ以上運べない、

との一点張りのケースです。

 

悪質な業者には気を付けて下さいね。

 

このようなケースは少ないとは言え、全くありえない話ではありません。

 

上記のケースは営業マンの見積もりの甘さが原因なのですが、

それを会社側も認めない、いわゆる悪質な引越し業者と言えます。

 

このような事にならないよう、

引越し業者はしっかりとしたところにお願いするようにしましょう。

 

当サイトでは優良な業者の選び方もご紹介していますので、

そちらの方も参考にして、良い引越しにして下さいね。

 

 

 


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!