【大量に出た処分品】不用品の処分で損しないように!

引越しは新たな生活のスタートになりますので、

「よし、思い切って古くなった物は処分しよう」と、思いのほか不用品が出る事が多いです。

 

家具、電化製品など大きなものはもちろん、雑貨、服、など様々な不用品が出ます。

 

ここではそんな不用品について、

処分にもお金が掛かるしどうしようと悩む人への解決策をお話ししたいと思います。

 

Starting over

 

不用品処分の方法

 

沢山出た不用品などはその処分に困る事が多いと思います。

 

例えば大型の家具などはどのようにして処分すれば良いのかわかりませんし、

そもそも持てるような重さでは無い事が多いです。

 

電化製品などもリサイクル法などの兼ね合いもあり、

どうやって処分すれば良いのかが分からない事も多いと思います。

 

そんな不用品の処分に関しては、引越し業者に処分もお願するのが無難な選択肢かもしれません。

 

多くの引越し業者では処分品の引き取りサービスも行っています。

料金や引き取り方法などは業者によっては様々ですが、

引越し業者にお願いする事で手間が省けるとう言う利点があります。

 

引越し業者にお願いする

 

引越し業者にお願いする事でわざわざ別で処分業者を頼む必要が無く、

引越しの見積もり時に処分品の見積もりをしてもらうことも出来ます。

 

また、

処分の引き取りも引越しの当日に行う事が多いので、時間的な面でも効率的だと言えます。

 

別で処分業者を手配する

 

一方、引越し業者に一緒にお願せずに、

自分で処分業者を手配し、別で引き取ってもらうことも出来ます。

How rubbish is disposed

処分業者もそれぞれに処分代金が変わりますので、

もしやすいところがあればそちらで手配する事も問題はありません。

 

ただ時間的な問題や人手の問題などもあるので、

どちらの方法がメリットなのかは良く考える必要があります。

 

極力お金をかけずに処分をする

 

なるべくお金を掛けたくないと言うことであれば、

処分できるものは極力自分で処分する、のがベストです。

 

例えば大型の家具などは、お住まいの地域によって処分の規定があると思います。

 

引越しの際の大型家具の処分は事前に連絡をすれば処分業者が取りに来てくれ、

費用も無料だったり、処分業者と比較すると非常に格安で済む事がほとんどです。

 

ただ基本的にこのような行政の引き取りを利用する場合には、

所定の位置まで引き取ってもらう家具などを運ばないといけないと言うデメリットがあります。

 

処分業者のように家の中では引き取りに来てくれない為、

所定の位置まで自分たちで持っていかなければなりません。

 

例えばマンションや団地などの場合、階段作業など大変になりますので、

これが可能な方にしかこの方法はお勧めできません。

 

ただ費用の面では最も安い方法だと思います。

 

 

とにかく安く済ませたいと言う方は、行政の処分制度を利用するのも手ですし、

面倒なことはご免だと言う方は処分業者に依頼するのもありです。

自分にとってどちらが有意義か、しっかりと考えて依頼してみて下さいね。

 


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!