出来れば女性スタッフに頼みたいんだけど、そんな引越しも可能?

引越しをするとなると引越し業者へ見積もりの依頼をすることになりますが、

この時に必要になるのが営業マンが家に来ての「訪問見積もり」です。

 

この訪問見積もりですが、「抵抗がある」と言う人も意外に多く、

その理由としてはやはり「家の中を見られる」と言う事が大きな理由として挙げられます。

 

 

ファミリーなどの引越しの場合においては、

見積もりを依頼し立ち合うのは主婦である女性の方であることが多いです。

 

Lego Room女性の心理としては、

「男性に部屋の中を見られるのは…」

と思う方も少なくないと思いますが、

 

これが引越しの当日になると、

複数の作業員の方に部屋の隅々まで見られる事になります。

 

もちろん引越しをする為には必要な事で仕方の無い事でもあるのですが、

「女性スタッフだけにお願いできればなあ」と考える人も増えているようです。

 

女性スタッフ専門の引越し業者

 

実は近年このような需要が増加しており、

「女性スタッフのみ」の引越し業者もあります。

 

このような業者では見積もりから当日の運搬など、

全ての工程を女性スタッフだけで行うサービスを提供しており、

男性スタッフに抵抗がある方などからは好評を得ているようです。

 

Wonder Woman女性スタッフであるからといっても、

やはり作業はしっかりと行う事は当たり前で、

男性には無い女性ならではの細やかな対応が、

女性スタッフだけの引越し業者が好評を得る要因と言えるかもしれません。

 

 

 

しかしながらあくまで傾向としてのお話しになりますが、

やはり引越し作業は力仕事としての側面もあり、

もちろん力があれば作業が早いか丁寧かということにはならないのですが、

 

それでもやはり大きな家具や電化製品などでも、

男性の熟練の作業スタッフであれば一人でもしっかりとこなせる事も多いので、

そう言った面での差はやはりある程度現われる事になると思います。

 

 

多くの場合梱包スタッフは女性

作業スタッフだけでなくても、

例えば荷造りなどもお願いする「らくらくプラン」などの場合、

小物の梱包などは、ほとんどの引越し業者で女性スタッフを起用しています。

 

やはり女性の方が食器類など細やかな物の対応の経験が豊富なこともありますし、

例えば衣類などに関しては男性スタッフだと「見られたくない、触られたくない」、

となる事も多い為、女性スタッフが行う事で全てをスムーズに行う事も出来ます。

 

このように、

  • 多くの業者では荷造りなどの梱包スタッフは女性、
  • 荷物の運搬は男性スタッフ、

となっている傾向にありますが、

その全ての工程を女性スタッフで行う業者もあります。

 

メリットデメリットなども良く考え、

それでもと言うことであれば一度そのような引越し業者に相談してみるのも良いかと思います。

 

 


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!