雨の日の引越しって中止になるの?


そう言えば引越しって雨の日ってどうなるの?

中止?それとも雨でもやるの?

ふとこのような疑問を抱く事ないですか?

 

雨が降ると荷物が濡れそうですし、なにより作業が大変そうですよね。

 

でもだからといって中止になると、266/365 - And It Could Rain For Days And Then Where Would I Be?

 

 

 

当日引き渡しをしないといけない場合、

どうすれば良いのだろう

 

 

 

と雨の日の引越しには疑問が多いと思います。

 

 

ここではそんなケースにはどうなるのか、についてお話します。

 

雨の引越しは…

 

まず結論から言いますと、

雨でも引越しは中止になりません。

 

基本的には雨が降ったからと言って中止や延期になるケースはほとんどありません。

 

例えばもの凄い豪雨で作業が困難な状況の場合などにはそのようなケースも考えられますが、

少々の雨の場合においては普通に作業は行われます。

 

濡れないの?

 

お客さん側として気になるのは、

雨の中引越しすると「荷物が濡れる」と言う心配です。

 

もちろん、

雨の日は雨の日用の梱包を行い、極力濡れないようにします。

 

joshua radin:today

 

ただあくまでも「極力」と言う事で、

 

これは100%濡れない、

と言うことではありません。

 

 

 

作業員も最大限濡れないようにしてはくれますが、

やはり全く濡れない、と言うことは中々難しいのも現実です。

 

しかし、例えば電化製品などの絶対濡れたらダメなものに関しては、

もちろん作業員もその辺はわきまえていますが、

 

一応作業当日念を押す事も大事で、

この荷物は絶対に濡れないようにと伝えておくだけでも違ってきます。

 

 

作業に支障は?

 

もちろん、支障はあります。

まず濡れないように普段とは違った梱包になる分、やはり作業時間は掛かります。

 

Wet ladybeetleそれに伴って荷物の搬入も、

より慎重になりますので、

 

引越作業全体に掛かる時間は晴れの日よりもズッと長くなる事が多いです。

 

特に足元の状態が悪ければ、台車が使えない事があります。

 

そうなると1つ1つを手で運ぶことになり、大幅に作業が長引くケースがあります。

 

雨の日でも大丈夫な業者を選ぶ事がポイント

 

雨の日の作業は様々な面で影響は出ますが、

それでも作業自体は通常通り行われる事がほとんどです。

 

ここでのポイントは、

しっかりと雨の日でも作業を行ってくれる業者を選ぶと言うことです。

 

例えば梱包、

雨の日用の梱包をしっかり行うかどうかで、

荷物の濡れ具合も変わって来るのは言うまでもありません。

 

通常通りの梱包だけでは、ビショビショになってしまいますからね。

 

このような事態を防ぐ為には、

見積もり時などに確認を取っておく事が大事ですね。

 

「雨の日はどうなりますか?どんな作業になりますか?」

 

ここでしっかりと、

 

 

雨の日にはこんな対策を行います、と説明してくれる業者であれば、

安心して任せる事が出来るケースが多いです。

 

 

参考にしてみて下さい。

 

 


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!