【ガス・水道・電気】生活する為に最低限必要な大事な手続き編

引越しって準備やら何やらで面倒なことだらけ…

 

とその準備が大変で少々お疲れ気味の方もいるかもしれませんが、

やはりしっかりと手続きをしておかなければ、後々大変なことにもなるので、

忘れずにしておくべき事があります。

 

ここではそんな「意外に分かりにくい手続き」についてお話したいと思います。

sensitive noise / obvious 2

今日から生活を始める上で必要な事

 

新居での生活は引越しをして荷物を搬入するその日から始まる人が多いと思います。

 

もちろん、

荷物だけ先に入れておいて、と言うケースもあるかもしれませんが、

多くの場合、荷物を搬入したらそのまま元の住居を引き払い新居での生活がスタートする、

と言う事になると思います。

 

ですから、「当日から生活が始まる」と言う事を考えたうえで、

どんな手続きをしておかなければならないのかをしっかりと把握しておかなければなりません。

 

 

「あっ、あの手続きを忘れていた…」となっても、

すぐに手続き出来るような事だったらいいのですが、

場合によっては時間が掛かる事もありますので、事前に忘れずにしておく事が大事です。

 

生活していく為に必要な手続き

 

当日から生活する為に必要な手続きって何があるかわかりますか?

これは引越しの手続きの中でも代表的なものとも言えるので、

多くの方が答えられると思います。

 

そう、

まずは、「電気・ガス・水道」の手続きですね。

 

 

これらの手続きを忘れてしまうと引越し先に行っても、

  • 電気が点かない…
  • 水が出ない…
  • ガスも出ない…

と、生活する上で非常に不便な事になります。

Ahhhhhhh

 

電気が点かなければ夜真っ暗ですし、

もしかしたら引越しの作業も暗くて

支障が出るかもしれません。

 

 

水道が出なければお風呂に入れないどころか、トイレにも行けませんからね…

忘れずに手続きをしましょう!

 

電気 最寄りの電力会社
ガス 管轄のガス会社
水道 地域の水道局

 

これらの手続きは電話での連絡で行える事がほとんどですが、

その中でもガスの手続きは、当日立ち合いが必要になります。

(ガス漏れなどのチェックの為)

 

そのあたりも踏まえたスケジュールを組んでおく事が大事です。

 

 

忘れてはいけないのは…

 

これらの手続きで忘れてはいけないことは、

「開始」「停止」の手続きがあると言うことです。

 

新居で新しく利用開始の手続きをすると同時に、

これまでの住居での利用を停止しなければなりません。

 

この場合に、

近隣への引越しであれば、管轄が変わらずに1本の連絡で同時に手続きを終えることが、

例えば地域が変わってしまうと、

 

  • 元の住居の管轄の電力会社へ停止の手続き、
  • 新居の管轄の電力会社へ利用開始の手続き、

このようにそれぞれに連絡する必要があるケースがあります。

 

確かに、引越しに関わる様々な手続きは面倒ですが、

忘れたりすると後々大変なことになるのでしっかりと事前に準備して計画的に行って下さいね。

 

「ガス・水道・電気」、

 

これらの手続きを忘れずに!

photo by: milos milosevic

あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!