引越し料金の相場を知って得する引越しが出来る方法

「引越し」したい・・・

「引越し」しなければならない・・・

どのような理由にしても「引越し」の料金を少しでも安くしたい。

ただ「安かろう、悪かろう」では意味がない。

安心できる業者に、安心して引越しを任せたい。

そしてできるなら少しでも安く引越しをしたい。

 

あなたのこのごくごく普通のお気持ちを満たすために必要なアドバイスをまとめてみました。

ズバリ、「引越し料金の相場を知って得する引越しが出来る方法」です。

Cyclist and the price of gas

「たくさんの業者で見積をとる」

これが引越しの料金を安くする最大のポイントです。

 

引越しの料金はそもそも何で変わってくるの?

これは引越しで運ぶ量や運ぶ距離、引越しに関わる人件費やその他のオプション費用などで料金が変わってきます。

 

例えば、運ぶ量、「単身」もしくは「家族」か。要するに一人か複数かですね。

当然一人分の量と2人以上の量では格段に違うのは当然ですね。ご夫婦だけの2人と子供を含めた4人でももちろん変わってきます。

量が違うので、この引越しに使用するトラックも違いますし、人件費も変わってくることになります。

 

ただ注意していただきたいことは、一人分の量の「単身」でも引越し業者によって、大きな差があるということです。1社でも多くの業者から見積をとること、これを強くおススメします。「単身」なら、たいして変わらないのでは?という意見も聞こえてきそうですが、大きな間違いです。そもそも「単身」なので、「家族」に比べると安い金額ではありますが、「単身」でも数万円という単位で金額に開きがでます。ぜひ比較してみてください。

「単身」でもこれだけの金額の開きが出るということは・・・言わずもがなですね。

「家族」の場合、「単身」の倍以上の開きが引越し業者の見積にはっきりと出ます。「家族」で引越しされる方もぜひ比較することをおすすめします。

 

もし安い業者に任せるのは不安だという方、その安い金額の見積を手に、安心できる業者さんと交渉してみてください。同じ金額にしてもらうことはできないかもしれませんが、可能な限りの歩み寄りをみせてくれるでしょう。ただ、この交渉も他の引越し業者さんの見積があるからこそですので、くれぐれもご注意ください。

?タイミング

そして、二つ目は引越しする「タイミング」です。

 

当然ながら引越しが多くなる時期は料金が高いことになります。俗にいう、繁忙期というものです。では具体的にいつか?

 

これは2月下旬から4月上旬と言われています。当然ながら、この時期に引越しをする場合、引越し業者も無理に安い金額で請け負わなくても、仕事がありますので、料金交渉は難しくなりますが、反対に上記時期以外については、たくさんの業者と交渉することをおすすめします。引越し業者によっては、例えば引越しで送り届ける場所があなたのお住まいの近くという可能性もあるわけです。そうすると何もトラック積まずに帰るのではなく、安い金額でも、荷物を積んでさらに運ぶことができ、引越し業者もありがたい。そしてあなたも安い金額で引越しできてありがたいということがあり得るわけです。このチャンスはいろいろな業者に確認することが必要になりますが、もしこのような業者が見つかった場合、驚くような金額で引越しができたという事例もあります。

 

また、もしご家族などがいるから平日でも良いですとか、学生だから平日全く問題ないなどの場合も交渉の余地は充分にあります。引越し業者さんの都合に引越しを合わせてしまうのです。「安くできる日程があれば教えてください」の一言だけです。大手の引越し業者などでは一切受け付けてもらえないかもしれませんが、協力してくれる業者さんは見つかるかもしれません。

ただ、これにもたくさんの業者さんに見積をもらうことが必要になることはご理解いただけると思います。

Time To Walk Like A Rebel

まとめますと、料金を少しでも安くするためには、「よく広告で見る安い業者」や「前回利用しで安かった業者だから」と連絡をするのではなく、あなたの引越しの状況をたくさんの業者に知らせて、1社でも多くの見積をとってください。

 

金額だけを比べるために見積をとるのではなく、全体の「相場」を確認するために見積をとることをおすすめしたいと思います。

相場を知ることが、引越しを少しでも安くするための方法となります。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!