当日までに順序良く終わらせる為の全体的な流れ

仕事は段取り八分だ、

ビジネスマンであればこの様な言葉を耳にする機会が多いかも知れませんが、

何事もやはりまずはしっかりと準備しておく事が非常に重要だと言う事が言えます。

 

そして引越しにおいても同じ事が言え、

当日スムーズな引越しにする為にはやはり事前の段取り準備は凄く大切です。

 

特に荷造りなどの準備はもし当日になっても出来ていないような状況だと、

間違いなく当日はバタバタしますし、

仮に間に合っていたとしても適当な荷造りんどでは同じようにスムーズに行かなくなります。

 

そこでここでは当日までの荷造りの全体的な流れについてお話ししていきます。

 

まずは計画を建てる

 

荷造りにおいても事前に計画を建てる事は非常に重要です。

 

例えばファミリーなどの引越しの場合、

段ボールの数は50個以上になるケースは非常に多いです。

P1020457

初めて引越しをする人などは特に、

「50個分の梱包作業」と聞くと正直途方もない数に感じるかもしれません。

 

 

「引越し当日までに終わるかなぁ…」

「全部詰められずに間に合わなかったらどうしよう…」

 

などの不安がよぎるかもしれませんね。

 

確かに50個と聞くと大変に感じますが、

スケジュールを立ててここまでの間に何個やる、

などと細かく予定を建てることで無理なく行う事が出来るように感じます。

 

 

例えば引越しまで1ヶ月あれば、

50個分の荷造りをする場合1日2個ずつ箱詰めしていけば25日で全部出来る計算になります。

 

このようにまずは無理の無いスケジュールを立ててみる事をおすすめします。

 

使わない物から梱包を始める

 

そして実際に梱包を始めていく際には、使わない物から箱詰めしていく事が重要です。

 

まだ使うような物であればせっかく梱包してもまた取り出したりしているとそれだけで時間や手間が掛かります。

箱詰めしていく順番は引越しまでに使う予定の無い物を優先的に行っていきましょう。

 

なるべく散らからないように考えながら

 

荷造りが進んでいくと、部屋のあちらこちらが段ボールだらけになる事が多いです。

 

リビングに段ボールの山、

子供部屋にも段ボールの山、

寝室にも…

とあっちこっちに散らばると生活にも支障が出てきますし、段々と荷造りもしにくくなってきます。

P1020474

例えば部屋ごとに荷造りをしていくようにするとか、

荷造りの終わった段ボールをひとまとめに積んでおく部屋などを決めておけば、

一か所に段ボールを集めることで生活に支障の無い梱包作業を行う事が出来ます。

 

余裕があれば当日の事も頭に入れながら

余裕があれば引越し当日の事も考えて梱包作業を行う事が大切です。

 

先ほどもお話ししましたが、

例えば段ボールがあっちこっちに山積み状態だと生活しにくい、動きにくい、

このような状況になりますが、それはイコール当日の作業もしにくいと言うことになります。

 

例えば通路などに段ボールを置いていると大きな荷物などを運ぶ際にも邪魔になりますし、

事故の原因となる事もあります。

 

荷造りを効率的に行い、邪魔の無いように段ボールを置いておく事は、

当日の作業のスムーズさにも大きく影響してきます。

 

以上が当日までの大まかな順序、流れになります。

ぜひ参考にして段取りの良い準備をしておいて下さいね。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!