引っ越しで県外に行く場合の流れとは?


引っ越しで県外に行くことは非常に多いですね。

しかし引っ越し自体が大抵の場合、初めてと言う人がほとんどです。

近場の引っ越しでも大変なのに、県外に引っ越すのは実に大変です。

今回は引っ越しで県外に行く場合の流れとは?等の情報をお伝えしていきます。

県外に引っ越す場合の初期段取り

県外引っ越しの場合、近場に引っ越すよりもシッカリ段取りしなければなりません。

退去の通知

引っ越しが決まったら、現住居の退去を管理会社や大家さんに退去することを最低1ヶ月前に知らせる必要があります。

1ヶ月以上前に通知しなければ、無駄に家賃を払わなくてはならなくなります。

忘れないように退去通知は出来る限り早めに申告しましょう。

電気、ガス、水道会社へ連絡

引っ越しが決まったら、電気、ガス、水道会社に停止の日時を通達しましょう。

その際に、新居の電気、ガス、水道などの開通日の申し込みします。

早めにしておかないと必要な時にライフラインが使用不可能になってしまいます。

インターネット環境を整える

今どきは、インターネット環境が整っているケースがほとんどです。

電話も最近ではデジタル回線がほとんどですので、ネット環境があります。

インターネットは予約して開始まで1ヶ月以上かかることもあるので、早めに予約して日時を決めておきましょう。

引っ越し業者を選出

引っ越し業者も早めに選出しておきましょう。引っ越し業者の連絡が遅いと希望日などが優先的に取れなくなったりしますので、早めに複数の業者から見積もりを取り、シッカリと業者を選びましょう。

役所の手続き

転居にあたっては、転出届の手続きをする必要があります。

引っ越し日が近付いてくると何かとバタバタしますので、最低でも2週間前には終えておきましょう。

転出届の手続きが出来ると「転出証明書」が発行されます。

転出証明書は転居先での「転入届」の手続きに必要になるので無くさないように保管しましょう。

転入届の手続き

県外の引っ越しの場合、引っ越しした後、転入届の提出が必要です。

転入届は引っ越しから2週間以内と決まっていますので急いで手続きして下さい。

住所変更による各種届け

県外引っ越しの場合、他にも様々な手続きが必要になります。

年金の手続き

新しい住所の役所で国民年金の住所変更の手続きを行います。

免許の書き換え

引っ越した後に、最寄りの警察署や免許センターなどで免許の住所変更をしましょう。

自動車の手続き

住所が変わったら、車検証の記載を変更する必要があります。

引っ越し後の15日以内に変更する必要があります。

県外引っ越しの場合、ナンバープレートも変えなければなりません。

これは転居先の陸運局などで申請する必要があります。

自動車手続きに必要なもの

・住民票

・車庫証明書

・自動車検査証

・印鑑

・運輸局にある手数料納付書

・自動車税、自動車取得税申告書

・ナンバープレート

各種保険の住所変更

生命保険、自動車保険、傷害保険、火災保険などの各種保険の住所変更をしましょう。

その他の段取り

近場で引っ越しをするのとは違い、県外引っ越しではより細かく慎重に荷物の区分けを行う必要があります。

と言うのも不用品は引っ越し先へ持っていくと、当然料金も高くなります。

そこで早めに荷物を区分けして、不用品はどんどん売ったり、捨てたりしていきましょう。

不用品を売る場合、出来る限り高く売るためにネットオークションを利用すると良いのですが、これには時間がかかるので、2ヶ月以上前からやっておきたいところです。

ネットオークションで売れなかった場合は、中古品売買のショップで売ります。

但し、この場合はあまり高く売れると言う期待は持たないでおきましょう。

売れそうもないものは廃棄していきますが、これにも時間がかかるので、早めに着手するようにしましょう。

遠距離の場合、荷物はシビアに区分する必要がありますので、早ければ早いほど良いと言えます。

遠距離の場合の荷物詰め

近距離でも同様ですが、遠距離の場合長い距離を走るために荷物詰めはシッカリする必要があります。

特に段ボールは隙間なく詰める必要があるのですが、キレイに動かずにトラックに積めるように段ボールは形を維持したままデコボコにならないように詰めます。

出来れば、洋服やタオルなどで隙間をふさぎ詰めることを推奨します。

こうすれば割れものなどもシッカリ動かずに詰めることが出来、且つ緩衝材の代わりにもなるので非常に便利です。

隙間は必ず緩衝材になるようなもので埋めましょう。

まとめ

今回は引っ越しで県外に行く場合の流れとは?等の情報をお伝えしました。

引っ越しで県外に行くケースは少なくありません。

遠方になるという事で、色々な手続きのために行ったり来たりと言うことが出来ません。

ここでアドバイスしてある通りに、段取りをシッカリしてやるべきことをやりましょう。

荷物詰めも重要で遠距離に充分耐えられるように工夫して詰めることが大切です。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!















ズバット引っ越し比較