引っ越し見積り訪問の際に気を付けたいこととは何?


引っ越しの見積りは必ず引っ越し業者の営業マンの訪問を受けないといけません。

また、見積りの上で値引き交渉などする場合は、訪問は1回や2回で収まりません。

資材などの搬入もありますので、その後も度々営業マンは訪れることになります。

今回は引っ越し見積り訪問の際に気を付けたいこととは何?などの情報をお届けしていきます。

見積りは一括サイトで

最近は見積りなどを一回で色々な業者に送ることが出来る「一括サイト」があります。

必要入力項目を打ち込むのも一回で済み、非常に便利なサイトシステムです。

中には、サイトから成約すると割引設定などもあり、かなりお得と言えます。

一度、申し込んでおけば後は相手から電話なりメールなりアクションがあるのを待っていれば良いので簡単です。

引っ越し業者とコンタクトがとれたら

引っ越し業者が連絡してきたら、見積りをしてもらう日程を双方ですり併せて決めます。

見積りは一社だけではなく、数社とる必要があるので、出来る限り近い期間内で行うようにしましょう。

もし、可能なら時間をずらして1日数社との約束をとりつけるのもイイかも知れません。

と言うのも、少しでも安くするために競合させる必要があるからです。

〇〇社は¥〇〇〇だったなどと言えば大抵の業者は割引してきますので、実際に多くの見積りをとって比較することが重要になってくるのです。

最初の1社目は比較対象がないので、後日電話などで〇〇社は¥〇〇〇だったと言って割引させましょう。

見積り訪問日までにしておくこと

見積り訪問が来る前にやっておくことは荷物の選定です。

営業マンがやってきても、自分が持っていく荷物を把握していないと後々見積りが高額になっていってしまうので注意しましょう。

また、荷物を選定する際、引っ越しの機会に断捨離を実行しましょう。

いらないものはまとめてネットオークションにかけても良いですし、まとめて買取専門店に売るのも手です。

とにかく引っ越し先へ持っていく荷物は少なくし、少しでも安く済むようにしましょう。

また、断捨離をして荷物が少なくなると新しい住居での生活も快適になるはずです。

上手くいけば、臨時収入も入り、引っ越し代は安くなり、快適に暮らせる可能性があります。

是非、引っ越しの際は断捨離を決行しましょう。

また、見積り訪問日までにしておくことで注意したいのが、外回りの荷物です。

自動車の換えタイヤや自転車など、外回りには意外と荷物が多いものです。

納屋などがある家は、特に注意が必要です。

納屋にはいらないものも多いので分別もシッカリするようにいます。

これらを忘れていると、後で価格が全く違ってきますので忘れないようにしましょう。

見積り来訪当日に気を付けること

見積り来訪の当日に気を付けることは片付け過ぎないと言うことです。

何でもしまってしまうと、荷物の様子がつかめませんので、ある程度荷物量を把握出来る程度に普段の状態を保っておくようにしましょう。

もちろん、逆に荷物量が読めないほど汚くしていてもダメです。

細かいものは段ボールに詰めること設定ですので、引き出しの中も自分で把握しておく必要があります。

段ボールは数によって金額が決まりますので、出来る限り判る様にしておくようにしましょう。

大物の家具や電化製品に関しては持っていくもの、捨てるものが判っていれば充分です。

見積りはいつ頃とるべき?

さて、そんな見積りですが、いつ頃とったら良いのでしょうか。

基本的にはいつ頃に引っ越しが決まるかにもよるのですが、出来る限り早く見積りをしましょう。

一番理想的なのは半年ほど前に決めることです。

早いと感じるかも知れませんが、引っ越しの準備期間と言うのはあっという間に過ぎてしまいます。

一方、引っ越し業者の選定が終わらないと引っ越しの準備にさえ入ることが出来ません。

それゆえに、引っ越し業者からの見積りは早ければ早いほどいいのです。

段ボールやガムテープなどの引っ越し資材も引っ越し業者からもらうので、引っ越し業者の選定がまず優先される訳です。

何度でも細かく相談する

最初の見積り後は、何度でも細かく営業マンに相談しましょう。

どんな問題でも放置してしまうと、見積りに影響が出ます。

引っ越しは人生の中でも度々するものではありません。

見積りの影響だけでなく、判らないことだらけの筈ですので、細かく連絡する事で様々な問題を解決出来ます。

プロのアドバイスは色々聞いた方が得ですので、連絡することを億劫だと思わずにドンドン訊いていきましょう。

まとめ

今回は引っ越し見積り訪問の際に気を付けたいこととは何?などの情報をお届けしてきました。

引っ越しにはお金や時間が非常にかかります。

見積りはシッカリ取らないと損をすることになります。

見積りをシッカリ取った後は、少しでも安くなるように根気よく値引きに努めましょう。

見積り次第では、その後の生活に大きな影響をもたらしますので、この段階で値引き交渉するなりして下さい。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!















ズバット引っ越し比較