引っ越しの荷ほどきや荷下ろしを正しく行って楽に終わらせる方法とは?


引っ越しが大変なのは何も、荷造りから荷物を運ぶと言うところまでではありません。

実は最も大変なのは荷ほどきと言えるかも知れません。

荷ほどきする場合は、新しい住居に移ってしまっているので、快適に過ごすためにもキッチリやらなければいけません。

そこで、今回は引っ越しの荷ほどきを手伝うときのアドバイスについて見ていきます。

運ぶ順番が重要

上手に荷ほどきをする時には、上手に荷物を詰め込む必要があります。

大型の自動車やトラックをレンタルしたなら、とにかく小さいものから積むようにしましょう。

そして、大型の家具や電化製品は一番後ろに配置するようにします。

更に抑えになるように布団一式などを最後に積み込みます。

一度に運べない場合は、まずは大型家具、大型電化製品などから運ぶようにしましょう。

荷ほどきを楽にする段ボール詰めの決まり事

段ボールに荷物を詰める時、正しいやり方で行わないと、後で荷ほどきが大変になります。

段ボールへの詰め方は少々面倒でもキッチリやっておきましょう。

まず、段ボール詰めは必ず部屋ごとにするようにしましょう。

その方が段ボールの積み下ろしの際、持ち込んでいく場所がハッキリして楽です。

台所は食器と調理器具で分けます。

寝室は寝室、リビングはリビング、子供部屋は子供部屋のものを分けて詰め込みます。

中身についてはしっかり書いておきましょう。

出来る限り、細かく書くことで荷ほどきが数段楽になってきます。

食器は新聞紙などには包まない

食器は割れないように、何かに包む必要があります。

良く新聞紙にくるむ人がいますが、これはNGです。

と言うのもインクが必ず白い食器や、色物でも白い部分に黒いインクが付いてしまいます。

そうなると荷ほどきの時に全ての食器を洗う必要が出てきますので、専用のエアキャップなどを買ってきて包みましょう。

その方が遥かに安全ですし、荷ほどきの際にもキレイですからそのまま食器棚に入れることが出来ます。

荷下ろしは大型のものから

荷下ろしのコツは必ず大物の家具や電化製品を先に下ろし、キチンと決めたところへと配置しましょう。

後で、動かすことは難しいので、必ず最初の荷下ろしの時にシッカリ場所を決めて置くようにしましょう。

予め新居の見取り図などを用意しておき、大きさを測って配置します。分けて

段ボールは間違いなく部屋ごとに

大物の家具や電化製品を下した後は、段ボールの荷下ろしと荷ほどきになります。

段ボールは荷造りの際に、分けておいたように必ず部屋ごとに下ろしていくようにしましょう。

こうすることで荷ほどきの時間がかなり短縮されます。

段ボールの荷ほどきの時に、バラバラに詰め込んでおくと、あっちへ行ったりこっちへ行ったりと無駄な時間がかかってしまいます。

すぐに使うものから荷ほどきをする

荷ほどきは必ずすぐに使うものから出していきます。

当然、荷造りの際にもそれが簡単に出来るように詰めておきます。

とりあえずは、布団や部屋着、トイレ用品や入浴用品、それ以外にもその季節に必要な服を少し、食器、調理器具の一部など、自分にとっての優先順位を決めて出していきましょう。

時間のかかる荷解きとは?

時間のかかる荷解きと言うものがあります。

酷い場合は、1週間近くかかったと言う話もあるほどです。

1つは手当たり次第に全ての段ボールを開けてしまうことです。

手当たり次第に考えもなく、開梱していくと分類も滅茶苦茶になり、スムーズな荷ほどき、収納がままなりません。

必ず、1つ1つ丁寧に開梱し、収納していくようにしましょう。

また、面倒なものの荷ほどきを後回しにしてしまうのも良くありません。

荷造りとは違い、荷ほどきにタイムリミットはありません。

引っ越し先ですので、先はいくらでも時間がある訳です。

そこにどうしても甘えが出てきてしまいます。

楽なものの荷ほどきを先にやってしまい、面倒なものに手をつけないと結局中々やる気が起きずにそれらの荷ほどきをしないまま放置しがちになります。

これでは、いつまで経っても荷ほどきは終わりません。

こういう時はむしろ面倒な荷ほどきほど先に手をつけていくようにしましょう。

荷ほどきは収納に約2日、キレイに整理するのに約2日、合計4日間ほどで終わらす計画を立てておきましょう。

自分たちで引っ越しするにしても、引っ越し業者に依頼するにしても、この流れはシッカリ守って荷造り、荷積み、荷下ろし、荷ほどきを手順良く終わらせていきましょう。

まとめ

そこで、今回は引っ越しの荷ほどきを手伝うときのアドバイスについて見てきました。

正しく早い荷ほどきは、正しくキレイにまとめる荷詰めと荷積みが重要になります。

荷物をまとめることを計画的に行い、運ぶ順番をしっかり守りましょう。

次に大事なのは荷下ろしを正しく行い、手順通りに設置していくことです。

引っ越しは荷詰めや運搬など面倒なことばかりですが、荷下ろししても引っ越しは終わりではありません。

むしろ、荷ほどきが一番面倒で時間が掛かるかも知れません。

正しい荷ほどきをして少しでも早く快適に過ごせるようにしましょう。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!















ズバット引っ越し比較