【元通りにならない?】引越しで起きた事故の弁償について

引越しは人間が手作業で行う作業、

 

いくら百戦錬磨のプロとは言え時にはミスをしてしまい、

家具や電化製品を壊してしまうこともあるかと思います。

 

 

そんな際にでもしっかりと保証をしてくれる業者を選ぶ事が言うまでもなく大切な事なのですが、

ここでもやはり様々なトラブルが起こる事があります。

Aircraft Accident

 

ここではそんな引越しの際に起きた事故の弁償などについてお話ししたいと思います。

 

運搬中にぶつけてキズが付いた…

 

例えばこのようなケース、

 

 

運搬中にぶつけて、

タンスにキズがついてしまった、ソファーに汚れがついてしまった、

 

という事故があったとします。

 

もちろん悲しい事ではありますが起きてしまった事は仕方がないとも言え、

あとはやはりそれに対する対応をしっかりとしてくれたら、と思うはずです。

 

「申し訳ありません。キズが付いた物は持ち帰り対応させて頂きます。」

 

 

このように作業員に言われてキズが付いた家具は一旦業者が持ちかえることに。

 

「先日持ちかえらせて頂いた事故の家具ですがこれからお持ちいたします。」

 

 

後日このように業者からの連絡があり、

実際に持ってきてもらうと、

キズが付いた箇所は多少後が残っているものの、修理はされているようです。

 

Engine Repair

ここでトラブルになるケースが多いのですが、

それには事故による破損などの対応は基本的にはまず「修理」になると言う事を知らないと言う事が背景としてあるのです。

 

お客さん側としては、キズが付いた、壊れた、

このような状態になってしまったのだから「新品」に取り替えてくれると思っている方もいるようですが、

該当の品が元々新品だったなどよっぽどの事が無い限り、

新品と取り換えてくれるようなことはありません。

 

弁償はどのように行われるのか

 

引越しの際の事故によって破損してしまった、

キズが付いてしまったなどの場合はまず修理によって対応を行うことになるのが一般的です。

 

そしてもし修理などが難しい場合には、

代替品を用意するのが次の対応方法になります。

 

決して新品を用意すると言う事では無く、

それと同じものを中古で探してきたり、同等のものを用意すると言う事です。

 

それでも難しい場合には、時価によって金銭的な保証を行うことがあります。

 

例えば10万円のソファーだったとしても、

 

それを購入したのが10年前であればその金額をそのまま保証するわけではなく、

経過した年数に応じた価値を計算して保証すると言う事です。

 

 

 

いかがでしょうか?

引越しの際の事故や破損については弁償などの対応をしてくれるとは言え、

やはり決して元通りになるわけではありません。

 

 

もちろん一生懸命やってくれた結果として起きたものであれば致し方無い部分もありますが、

一方でやはりそのような事の無い作業レベルの高い業者を選ぶ事がまず何よりも大事だと言えますよね。

 


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!