【使うと後々大変になる?!】見積もり時に営業マンが置いていく段ボールのトラブル

引越しが決まったので早速見積もりを依頼する事に。

営業マンが見積もりに来てくれてプラン内容や料金の説明をしてくれ、その内容や料金にも納得。

 

契約してもいいかなと思ったのですが、

「多分お願いすると思うんですが、とりあえず一度考えさせて下さい」

と一旦保留にする事に。

 

すると営業マンの方は、

「それでは一応段ボールを置いていきますね」

Sunset on boxes

と言われその日は引き上げられました。

これは良くある見積もり時の話だと思いますが、

実はこれがトラブルを引き起こす原因になることがあります。

 

 

相見積もりを取ってみると

元々もう決めてもいいかなと思っていた業者ですが、

「まぁ他も一回どれくらいの料金かを聞いてみたいな」と言う軽い気持ちで相見積もりを取ってみると、

後から来てくれた業者の方が安いという結果になる事は多いと思います。

 

 

比較した結果安いと言う事で後から来た業者と契約をし、

先に来た業者には断りの電話をいれます。

 

すると、

「分かりました。ではお渡しした段ボールは返却して下さい」

と言われます。

 

よくよく思い返してみると、

そもそも契約もしていない業者が勝手に置いて行った段ボールなのですが、

 

それがすぐそばにあることで何の気なしに、

すでにその段ボールを使ってしまっている事があります。

 

 

そうなると業者とすれば、

「契約をしないのであればその段ボールは買い取りになります。」

と言ってくる事が多く、

 

「勝手に置いていったのはそっちの方だ」

と言ったところで後の祭りになることがあります。

 

もし仮に段ボールを使っていなくても、

「返却はお客様の方でお願いします」

などと言ってくる業者もあり、

 

「え?そっちが勝手においていったんだし取りにくるのが普通じゃないの?」

とあっけに取られる事があります。

 

vliegtuig

 

 

返却してくれと言われても畳んだ状態の段ボールでもかなりの重さになりますので、

そんなものを持っていくわけにいかず、

方法としてはクロネコヤマトや佐川急便などの宅配業者に依頼する事も出来ますが、

これでは運賃分を損をしてしまいます。

 

 

勝手に置いて行った段ボールが元で、

このようなトラブルに巻き込まれるケースは意外に多いです。

 

 

そもそも段ボールを置いていく意図

そもそも段ボールを置いて行くその意図は、

「断りにくくする為」なのです。

 

段ボールを返してくれ、と言われることで、

 

  • 面倒な事は嫌なので結果的にそこの業者にお願いしなきゃ…
  • 段ボールも貰っているし、使っちゃったし…

 

と言う心理を悪用して契約を取ろうとする魂胆がある事は事実です。

 

もちろん一旦保留でもほぼ確実に契約をお願する場合には、お客さんの方から、

「多分お願する事になるから荷造りも早めに始めたいし段ボールを置いていって」

とこちらからお願する事はあるかもしれませんが、

営業マンが勝手に置いていく事自体には良い意味はありません。

 

 

確かに段ボールがあれば早速でも荷造りを始める事が出来ますので便利ではありますが、

後々この様なトラブルがあることを考えると、

絶対に置いていくことを許可してはいけません。

 

そして良い業者の判断基準の1つとしてもこれは覚えておくと便利です。

勝手に段ボールを置いていく引越し業者、営業マンにはお願いしない方が賢明です。

 

やっぱり大切な荷物を預けるのが引越しですから、

正々堂々気持ちの良い見積もりをしてくれる営業マンにお願いしたいですよね。

 

 


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!