引越し作業員の方へのチップ・祝儀・心付けは?

外国に行くとあらゆるところで必要になる「チップ」、

 

良いサービスをしてくれてありがとう、

Moneyチップにはそんな意味合いもあり、

海外でサービスを受ける時には,

ある意味で当たり前の習慣でもあるのですが、

 

日本においては

このような習慣はほとんどありませんよね。

 

 

しかし引越しに関しては昔から、

作業員の方に対して、チップを渡す習慣があります。

 

ここではチップと言わずに「心付け」「ご祝儀」と言いますが、

昔はある意味で当然の習慣でもありました。

ここではそんなチップ、心付けの必要性などについてお話したいと思います。

 

チップ、心付け、ご祝儀などは必要か?

 

まず必要かどうかについては、

もちろん義務ではない為、するしないは個人の判断にもよるかと思います。

 

元々引越しは、新たな人生の門出として、

お祝い事のような側面がありました。

?

結婚や就職、入学などがそうですね。

そのようなタイミングでの引越しはまさにお祝い事と言えるかと思います。

 

ですから、

そのような行事に対して作業員の方に、

ご祝儀としてチップを渡す事はある意味で当然の行為でもありました。

 

 

しかし最近ではこのようなしきたり的な意識は薄く、

ましてやシビアなお財布事情における引越しなどでは、

ご祝儀を出すと安くした意味がなくなると言うことで、出さない事も増えているようです。

 

ただ実際はやはり出すに越したことはない

 

そのような現状があるので、

実際のところ、引越し作業員も必ず貰えるものとは思っていません。

 

しかし作業員側としても、

もしご祝儀がもらえたらそれは非常に嬉しいものです。

 

[077/365] Remember to Smile金銭的な問題もありますが、

やはりご祝儀、チップを貰える事は、

 

自分の仕事を認められた

という意識にも繋がるのでそれは、

やはり非常に嬉しいことでもあるのです。

 

ですから少しシビアな言い方をしますと、

 

「ご祝儀を出しておいたほうが作業は良いものになる事が多い」これが現実です。

 

作業員も人間ですから、

と言うと少しいやらしい気もしますがやはりこれが現実です。

だれだって自分の仕事ぶりに対してご褒美を貰えると嬉しいものですよね。

 

ご祝儀を渡すポイント

 

ご祝儀、チップを渡すと言っても、

大きな金額を出す必要はありませんし、

場合によっては現金ではなく、お茶やお弁当などを渡す事も多くあります。

 

金額的な相場で言うと、

最近では「お茶代、煙草代、お昼代」のような名目で渡すケースも多いので、

500円~数千円ぐらいの幅が一般的です。

 

 

もちろん作業員の人数などによっても変わりますので、

あくまで一般的な相場と言った感じです。

 

そして渡すタイミングにもポイントがあります。

 

よく「終わってから渡す」と考える人が多いようですが、

どうせ祝儀を渡すのなら、「終わってからではなく、始める前」の方が効果的です。

 

 

前の方でもお話ししたように、

 

作業員も人間ですのでやはりご祝儀が出ると、

より一層頑張ろう、しっかりとやろうという気持ちになります。

ですからご祝儀を渡すのであれば作業の前の方がいいです。

 

しっかりと覚えておいて下さいね。

 

 


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!