引っ越しを上手にこなすことに適したタイムスケジュールとは?


引っ越しは、人生の中でも度々行うものではありません。

当然、引っ越しすると決まったら、どうやってどんなタイムスケジュールでやっていけばいいのか判らないものです。

タイムスケジュールが判らないと、後々慌てることになり、上手に引っ越しをこなすことが出来ません。

今回は引っ越しを上手にこなすことに適したタイムスケジュールとは?などの情報をお届けしていきます。

引っ越しまで1ヶ月以上前

スケジュールを決める

まずはスケジュールを決めていきます。

色々なものを参考にしながら、タイムスケジュール付のチェックリストを作ります。

チェックリストに従いやるべきことをやり、チェックしていきましょう。

荷物の選別をする

引っ越し業者を依頼する前に荷物の選別をしましょう。

いるものといらないものに分け、いらないものは買い取り専門店やネットオークションなどで売りましょう。

売れないものは早めにゴミとして区分してゴミ出しする必要があります。

この機会に出来る限り、断捨離を行いましょう。

インターネット移転申し込み

現在インターネットを使っている場合は、1ヶ月以上前に移転申し込みをしましょう。

同じく新規でインターネットをつなぐ場合も、1ヶ月以上前に決めて予約をします。

インターネットは新規でも移転でも工事が必要で、その工事の予約が1ヶ月以上待たなければいけないケースがほとんどなのです。

引っ越し先ですぐにインターネットを使いたい場合には忘れずに予約しておきましょう。

引っ越し業者を決める

引っ越し業者の選定も1ヶ月以上前にしましょう。

希望日時に予約を取りたいなら早ければ早いほどいいと言えます。

また、少しでもお得になるように3~4軒は見積もりを取りたいところですので、時間がかかります。

3~4月の繁忙期の引っ越しであれば、2ヶ月前でもよいほどです。

引っ越しまで2週間前までに

転出届を提出

現在の住居がある役所へ印鑑を持参し、転出届を提出。

転出証明書をもらいます。

転出証明書は引っ越し先で必要になりますのでなくさないようにしましょう。

荷造りを始める

既に引っ越し業者を選定している状態ですので、持っていく荷物は決まっている状態です。

荷詰めの際には、荷造り用のチェックリストを準備して漏れなく荷造りしましょう。

段ボールやガムテープの資材は引っ越し業者からもらえますので効率よく詰めるようにして下さい。

また、緩衝材もついてくるので、割れ物や壊れ物、精密機械などはシッカリ包みましょう。

段ボールの表書きも忘れずに。

郵便局に転送届提出

郵便局に転送届を提出しておくと1年間旧住所宛の郵便物を新住所へ転送してもらえます。

引っ越し1週間前までに

ガス・電気・水道の手続き

引っ越し元のガス・電気・水道の使用停止日を伝えます。

同時に新住所での使用開始を伝えましょう。

ガスは開始において必ず立ち合いが必要ですので、引っ越し日にキチンと合わすようにしましょう。

引っ越し3日前までに

荷造り完了

荷造りは最低でも3日前に終えておきましょう。

いるものといらないものは更に細かく分け、いらないものは最後のゴミ捨てで処分します。

外回りの荷物を意外と忘れやすいので、今一度確認をしましょう。

近隣への挨拶

引っ越し元の近隣の人へ「お世話になった」挨拶をしておきましょう。

前日や当日でも構いませんが、慌ただしい上に、相手が留守にしている可能性もあるので3日前くらいにしておくのが妥当でしょう。

引っ越し当日

ガス・電気・水道の使用開始

ガス・電気・水道の使用を開始します。

ガスは立ち合いの元通していくので構いませんが、電気・水道は今一度確認しましょう。

電気がつかない場合はブレーカーを切ってある可能性があるのでチェックしましょう。

必需品の荷ほどき

その日の内に全て荷ほどき出来ればいいのですが、色々忙しくて全ては出来ないように感じたら最低限生活出来るように荷ほどきしていきましょう。

寝具、食器、調理器具、衣類、貴重品などを荷ほどきしておきます。

後は自分の時間に合わせて余裕をもって荷ほどきしていくようにして下さい。

近隣への挨拶

今後の生活のためにも近隣への挨拶は忘れずに行いましょう。

マンションなどの場合は両隣、上下階、大家さんなど。

一軒家の場合は両隣、向かいとその両隣、町会長さんなどに挨拶しておけば大丈夫です。

転入届を提出

引っ越し元の役所でもらった転出証明書と印鑑を持参して新住所の役所へ行きます。

その際、同時に新住所の住民票ももらっておくと、その後の各種手続きが楽になります。

まとめ

今回は引っ越しを上手にこなすことに適したタイムスケジュールとは?などの情報をお届けしました。

引っ越しは面倒なものですので、少しでもスムーズに運ぶようにタイムスケジュールとチェックリストを作って臨みましょう。

可視化しておけば、うっかりミスもなく、大変な引っ越しも少しは楽に出来ます。

面倒がらずに、最初が肝心ですのでシッカリとタイムスケジュールを作って下さい。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!















ズバット引っ越し比較