同棲のための引っ越しで注意することとは何?


交際しているカップルにとって同棲は甘い響きを持つ上、関係が一歩進むとあって嬉しいことばかりでしょう。

ですが、良いところばかり見て注意すべきことを無視していると意外に大変なことになり兼ねません。

引っ越す前に同棲していても色々と困らないようにちゃんと情報を仕入れておきましょう。

今回は同棲のための引っ越しで注意することとは何?などの情報を調査していきます。

同棲を始める前に・・・

同棲を始める前に部屋を新たに借りるのか、どちらかが1人暮らしの場合、そこに住むのかを決めなければなりません。

どちらかの部屋で同棲をする場合は、いわゆる初期費用が掛かりません。

その分を新しい生活用品などに役立てることも出来ます。

ですが、その場合は「契約上2人で住んでよい物件」かどうかが重要になります。

同棲を始める部屋は「2人で入居可」もしくは「同棲可」、「ファミリーユース」であることが前提です。

単身者用物件に2人以上で住むのは契約違反になります。

この場合、バレてしまうと警告や原状回復費用を多く請求されたり、酷い場合は契約解除を受ける可能性もあります。

「2人入居可」や「同棲可」、「ファミリーユース」の物件でも入居人数が変更になる場合は管理会社などに伝える義務があります。

まずは賃貸契約書で単身者限定でないことを確認し、その上で管理会社などに報告します。

2人入居可の物件ではなくても交渉次第で可能になるケースもあるので訊ねてみましょう。

部屋はワンルームを避ける

同棲前提で部屋を探すのは何とも嬉しいものですよね。

あーでもない、こーでもないと2人で意見を出しあいながら部屋をみつくろうのも言ってみれば同棲のだいごみです。

家賃なども折半ならかなり良いところに住めますし、色々な条件をクリア出来ます。

ですが、ここで1つ気を付けて考えなければいけないことがあります。

それは同棲だからと1ルームのところを選択してはダメだと言うことです。

長く一緒に住むなら楽しいことばかりではありません。

時には喧嘩し、時には顔も見たくなくなる時もあります。

そうなった逃げ道のために部屋は絶対に2部屋以上にしましょう。

折角なら高級なところと1LDKで広い部屋などを探したりしがちですが、狭くてもちゃんとドア付きで2部屋以上ないといけません。

そうすれば喧嘩などした時も、1人ずつ頭を冷やすことが出来ます。

同棲も関係性も長持ちさせたいなら、これは必須と言えます。

引っ越し荷物で気をつけること

同棲する時には、幸せの絶頂でしょうが、同棲をあまり甘く考えてはいけません。

結婚とは違い、同棲の場合はいつ解消して、いつ別れるか判りません。

そうなった時に引っ越しが大変だとお互いに気まずい思いをしなければなりません。

そうならないように持っていく荷物は最小限にしましょう。

現在の自分の荷物を全て持ち込むと、引っ越しも大変ですし、別れる時に実に面倒です。

出来ればトランク1つ程度がベストと言えるでしょう。

同棲の際に別れる想定はしにくいかも知れませんが、あらゆる方向で考えて準備しておくことが大切です。

引っ越しの際に高額なものを持ち込まない、買わない

同棲の引っ越しの際は高額なものは持ち込まないようにしましょう。

新しい住居では何かと家具や大型電化製品が必要になってきます。

ですが、現在自分が持っているものを持ち込むと引っ越しが大変ですし、かと言って買うとなると金銭的にも大変な上に同棲解消の際の引っ越しにも支障が出ます。

出来れば同棲解消した時に「捨てても構わない」と言う程度のもので揃えるようにしましょう。

必要な場合は家具も大型家電なども全てUSEDショップで買えばかなり安く買えます。

また、元々1人暮らしなら仕方がありませんが、実家住まいの場合は全て持ち出すと拠点も逃げ道もなくなるので荷物の持ち出しは極力避けましょう。

折半はなるべくしない

形のないもの、家賃や光熱費などは折半しましょう。

ですが、形のあるものは折半にするとどちらの所有物になるのかという問題が後々出てくる可能性があるので、出来れば折半は止めておきましょう。

欲を言えば、何を誰が買ったのかという記録も残しておくようにして下さい。

記憶などあやふやなものでは別れる際に争いが激しくなるばかりです。

同棲では引っ越しにもお金をかけない

同棲では引っ越しにもお金を掛けないようにしましょう。

大物があると自分達では運べず引っ越し業者に依頼することになるので高くつきます。

2人分の荷物でしかも2か所積と言うことになると荷物によっては全部で10万円前後掛かったりします。

もし上手くいかなくて家に戻る場合も引越業者を雇えば随分お金が掛かります。

同棲の際は折半で済んでも、別れる時は自分だけで賄わなければなりません。

そうならないように、自分の自家用車だけで運べる程度の荷物にしましょう。

お互いに自身の車に乗る程度の荷物なら同棲解消の時に全くお金が掛からないので損をしません。

まとめ

今回は同棲のための引っ越しで注意することとは何?などの情報を調査しました。

交際しているカップルにとって同棲は甘い響きを持つ上、関係が一歩進むとあって嬉しいことばかりでしょう。

ですが、良いところばかり見て注意すべきことを無視していると意外に大変なことになり兼ねません。

引っ越す前に同棲していても色々と困らないようにちゃんと情報を仕入れておきましょう。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!