引越し当日をスムーズにする為の、誰でも出来るちょっとした技

引越しは誰でも「スムーズに早く終わればなー」と思いますが、

作業以外にもスムーズに終わらせる為に必要なポイントがいくつかあります。

 

そのポイントですが、実はお客さん側にもあり、

作業員さんが頑張ってくれて早く終れそうな状況であっても、

お客さん側に問題があり、スムーズに終れない事もあります。

 

そんなことにならないように、

お客さん側ではどのような事に気を付けておく必要があるのか、

ここではそのポイントについてお話ししたいと思います。

 

スムーズに作業が出来る環境

 

Union Station Through Glassesまず意外に盲点なのが、

作業員がスムーズに作業できる環境作りです。

 

引越しをするお客さんは,

当日まで荷造りに追われる事になります。

 

ファミリーの引越しなどに場合にはかなりの数の段ボールが出ますので、

家中、段ボールだらけになって足の踏み場もない…

 

 

なんてことは引越し前にはよくある光景です。

 

 

ここで良く考えてみて欲しいのですが、

段ボールだらけで住んでいる自分たちが動きにくい状況だとすると、

当然、作業員にとっても引越し作業をしにくい状況だと言えます。

 

段ボールだけに限らず、

荷物が散乱した状態や、通路に邪魔な物を置いているような状態も、

スムーズに作業が行いにくい状況です。

 

  • 通路はしっかりと開けておき通りやすくする、
  • 作業がしやすいように段ボールは固めておいて、

このような環境作りは重要です。

 

カギ渡しなどの段取り

 

次に見落としがちなのが、

Boy with Yellow Magnifying Glass

「段取り」です。

 

その中でも、カギ渡しなどの引き渡し関係は忘れがちになる人も多いようです。

 

例えば荷物をトラックに積み終え、

さぁ出発しようとなったところで、

まだ大家さんなどへの引き渡しが済んでいないので動くに動けないような事もあります。

 

 

ちょっと大家さんが不在だったり、

立ち会いまでにタイムラグが出来たりすると、自分自身はそこから離れる事が出来ません。

 

じゃあ引越し業者だけ先に行って作業をしておいてくれるかと言うと、

新居も同じように大家さんにカギを貰いにいかなくてはならず、

結局待機時間が出来たりすることで、予定通り行かなくなります。

 

こちらも事前に引き渡しや新居のカギ渡しの段取りを事前に考えておく必要があり、

理想的なのはどちらもスムーズに行くように、

 

例えば家族の別の人間を先に新居でスタンバイさせておくなど、

どちらも人がいるようにすれば待機時間を作ることなく作業を進める事が出来るようになります。

 

家具の配置

 

My Small Room引越し先での「家具の配置」も重要です。

 

作業員は指示をされれば,

そのように配置してくれますが、

 

事前にある程度考えておかなければ、

 

その場で考えなくてはいけなくなり、迷っているとそれだけ時間のロスになります。

 

思い付きで配置していくと、

時にはサイズなどの問題で置きたいところに置けない、

などの問題も出てきたりして、更に頭を悩ませる事になります。

 

出来れば事前にある程度家具の配置を考えておき、

例えば大まかにでも新居での家具の配置を書いたメモなどを作業員に渡すなりしておけば、

ある程度指示がなくてもひとまず家具を運び込む事が出来るので、格段に作業はスムーズになります。

 

 

いかがでしょうか?

どれも難しい事ではありませんが、

やるかどうか、考えておくかどうかで、当日の作業に大きな差が出ます。

 

スムーズな引越しの為には、

作業員任せではなく自分自身も出来る事をやっておく事が重要になります。

 

 


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!