【こんなの無かったはず…】キズがついたらどうするの??

引越しと言えば案外トラブルが多く、

どうすれば良いのか困ってしまう事態に直面してしまう事もあります。

 

当サイトをご覧頂いている読者の方は、

ここでしっかりと起こり得るトラブルについて、

どうすればそのようなトラブルを回避する事が出来るかを事前に学んでくださいね。

 

引越しにまつわるトラブルで多いのが、「キズなどの破損のトラブル」です。

Kinder Surprise toys

作業員が荷物を落としたり、床や壁に荷物をぶつけることで起こるトラブルですが、

このキズなどの問題は実にデリケートな問題で最も大きなトラブルに発展しやすい問題でもあります。

 

ここでは事前にこのようなトラブルを知っておき、

どうすれば未然に防ぐ事が出来るのかをしっかりと学んでおいて下さい。

 

荷物が落ちた…壁にぶつけた…

 

引越しは人間の行う作業であり、

もちろんあってはならない事ですがしかしながら起こってしまうのが、荷物や家屋の破損事故です。

 

作業中に荷物を起してしまった、

壁や床などにぶつけてしまった、

これが原因で荷物が壊れたり、お家にキズが行ったりします。

 

例えばこれは百戦錬磨のベテラン作業員でも起してしまう可能性はゼロではないので、

だからこそ荷物をしっかりと梱包し、建物も養生と言ってシートなどでキズが行かないように覆ってから作業を行います。

 

 

最初からか否か

 

しかしこのトラブルで最も多いのが、

キズがこの引越しによって付いたものか、最初からなのか、と言うことです。

 

Question Mark Graffiti

このトラブルの問題は、

作業中や、作業が終わってから、もしくは後日にキズが見つかることから始まります。

 

例えば当日などであれば、ぶつけたものや壁などにどちらかの破片や塗料などが付いていたりして、

作業中のものかどうかを判断する事も出来ますが、

 

これが後日となるとやはり非常に判断が難しくなります。

 

「これは最初からあったキズです」
「いえ、初めからこんなキズは無かったです」

ともめる原因となります。

 

安心して任せる為

 

引越し業者では、作業員に作業前の「キズ確認」を行うように教育します。

 

最初からキズがあった場合にもかかわらず、あとから引越しでついたキズだと言われないように、

事前にキズが付いてあるところ確認してお客さんにも見てもらいます。

 

しかし、

トラブルが起きるケースの多くはこれらのキズ確認が不十分である事が多いので、

後になって、「先だ、後だ」の議論でもめることになるのです。

 

ここで大事なのは、

 

万が一のこのようなトラブルに備えてしっかりと保険に加入している業者を選ぶ事、

そしてその旨を見積もり時に確認しておくことです。

 

 

引越し業者は物損事故などの際の為に、保険に加入しています。

 

それを確認するのもお客さんが自分で身を守る為に必要ですし、

きちとした業者であればしっかりと説明をしてくるはずです。

 

 

さらにもう1つ大事なのは、

やはり誠意ある営業担当のいる業者を選ぶことです。

 

冒頭でもお話ししましたが、

やはり人間のやる作業なのである意味で事故は致し方ない側面もあります。

 

問題は起こってしまった事をどう対処するかです。

 

このようなトラブルの際には営業担当が窓口になる事が多いので、

誠意ある対応をしてくれる営業マンで引越し業者を選ぶと言うことも、

直接的なトラブル回避にはなりませんが、安心して任せる事には繋がると思います。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!