引っ越し業者は最短何日前なら請け負ってくれる?最短引っ越し時間は?


引っ越しは面倒な上、心身ともに大変な思いをします。

新生活は楽しみでも引っ越しを楽しみだと言う人は少ないでしょう。

ましてや、急に決まった引っ越しなどはどうして良いかも判らないでしょう。

今回は引っ越し業者は最短何日前なら請け負ってくれる?最短引っ越し時間は?などの情報を調査していきます。

引っ越し業者、何日前なら請け負う?

急に決まった引っ越し、やむを得ない理由ですぐに引っ越さないといけない場合など、人によってそれぞれ急な引っ越しの理由は違ってきます。

ですが、その急な引っ越しを請け負ってくれる引っ越し業者はいるのでしょうか?

請け負ってくれない場合、全てを自分たちでやらなければいけないので不安なところです。

ハッキリ言ってしまえば、引っ越しの規模や、引っ越しの距離、繁忙期などの時期的なもので変化します。

しかし、時間を問わないなら当日依頼でも引っ越し業者は請け負ってくれます。

ただ、何時からスタートするか、何時に終わるかは約束しません。

また、そういった類の引っ越しとなると料金も大きく変わってきます。

内容にもよりますが、確実に割り増し料金になることは間違いありません。

急な引っ越しは何故?

何故、急な引っ越しと言うものが出てくるのでしょうか。

これはあまり良い話とは言えませんが、「夜逃げ」など何かから逃げる必要のある人が急な引っ越しを依頼するのです。

何も、「夜逃げ」は漫画やドラマの話ではなく、実際にあるのです。

但し、「夜逃げ」を依頼されるのは引っ越し業者です。

夜逃げと言うことになれば看板車にも乗っていけずナンバーも隠しておく必要があります。

結局、深夜に行う必要があり、物音には気を付けて行う必要もあり難しい引っ越しと言えます。

静かにしなければいけないとなっても、相当なスピードも要求されます。

のんびりやっていると、取り立て屋さんがやってくる可能性もあります。

こうした人の対応をするのも引っ越し業者の仕事で、引っ越し会社によっては特別手当と称した「危険手当」が出るところもあるようです。

大抵の場合、こうした夜逃げは一旦荷物は業者預かりになり、後日引っ越し先へ降ろしに行くことがほとんどです。

最短距離の引っ越しは?

さて、そんな引っ越しですが、最短距離の引っ越しは同じ敷地内です。

例えば2世帯同居だった家族が手狭になったと言うことで増築したり、改築したり、同じ敷地にもう1軒建てたりなど正に最短距離です。

では、近いから楽なのかと言うとそうとばかりも言えません。

一度、荷物預かりと言うスタイルであればそう大変でもないのですが、預かりの場合は料金がかかるからと増築前の家、同じ敷地の母屋に無理やり荷物を積み込むケースが多い訳です。

こうなると、そのまま生活することになり、何もかもが混在した状態で荷物を運ばなければならないのです。

下手をすると足の踏み場もないところで引っ越しと言うことも充分考えられます。

また妙に距離がある場合もあり、同じ敷地や、同じ家の中でありながらやたらに遠い場合もあります。

とは言え、移動距離という観点で考えれば正に最短です。

最短時間の引っ越しとは?

最短時間の引っ越しは、何人暮らしの世帯かでも変わります。

1人暮らしであれば、荷物積に15分、荷物降ろしに15分と正味30分程度で終わる場合もあります。

4~5人家族の引っ越しの場合、ポピュラーなタイムスケジュールは荷物積に3時間、荷物降ろしに3時間、移動時間は考えずシンプルに考えると約6時間と言ったところです。

通常4~5人家族の引っ越しに対するスタッフ人数は3~4人です。

同じ条件下で最短時間と言えば、2~3時間と言うところでしょう。

人数をつぎ込んでも、2時間以内では無理だと言えます。

人数がいても荷物を出す場所は1箇所、積み込む場所も1箇所なので急ぐにしても限度があるのです。

また、丁寧に破損なく引っ越しを行う必要があるので時間を要するのは当然でしょう。

その為「夜逃げ」などの訳アリ引っ越しでもある一定の時間はかかってしまいます。

最長時間の引っ越しは?

では、逆に最長時間の引っ越しはどんな引っ越しでしょう。

企業や市政、県政関係の引っ越しなどもあるので、長い時間を要する引っ越しは挙げていけばキリがないのですが、飽くまで4~5人家族の一般的な引っ越しと言う条件で考えると離婚案件が時間を要します。

要は予め決めてあっても、荷物がどちらのものかで当日揉めることが多いのです。

特に夫婦だけではなく、双方の親なども手伝いに来ていると大変です。

「このテレビは自分がお金を出した」など1つ1つの荷物の所有権を争うのでいつまでも終わりません。

下手をすると後日やり直しと言った事態になることもあります。

時間で言うと、丸々9時間でも終わらないと言ったケースもザラです。

まとめ

今回は引っ越し業者は最短何日前なら請け負ってくれる?最短引っ越し時間は?などの情報を調査しました。

引っ越しの様な面倒なことは早い時間で終わらせたいものです。

予め、キレイに荷詰めしておけば、よりスムーズに作業が進むので面倒がらずにしっかり荷物を詰めておくと良いでしょう。


あなたにとって一番安い引越し業者を見つけ出せます!

全国200社以上から無料一括見積もり、最大50%OFF
最短1分、今すぐお見積もり

引越し業者お得ランキング!